電線共同溝とは

電線共同溝(C・C・BOX)とは

地上の電柱や上空の電線を、地下の空間に収容するための施設です。

電線共同溝の整備等に関する特別措置法(電線共同溝法)に基づき整備を行う無電柱化の手法のひとつです。
電線類の地中化を図るとともに、高度情報化社会の早期実現に寄与するため、道路の地下空間を利用して、光ファイバ、電力線等をまとめて収容する「電線共同溝(C・C・BOX)を整備しています。

これにより、安全で快適な通行空間の確保、都市景観の向上、都市災害の防止、情報通信ネットワークの信頼性の向上等が図られます。

電線共同溝を整備するには、様々な手続きや工事を経る必要があります。当社は、往年来施工してきた地中線埋設工事のノウハウを基に、電線共同溝工事についても同様に、品質・安全ともに優れた技術で対応でき、数多くの顧客からの信用・信頼を得ています。

工事の目的

01. 町の景観の向上
電柱や電線がなくなって町の景観が向上し、安全で快適な美しい町をつくることで地域の活性化を促進します。
02. 歩行者の利便性向上
道幅を狭めていた電柱が少なくなり、歩行者だけでなくベビーカーや車椅子で通行される方もより快適に歩道
を利用できるようになります。
03.非常災害時の対策
電線や電柱は、災害時に衝動活動の障害になったり、台風や地震による倒壊、切断などの危険があります。
共同溝はこれらの被害を最小限にします。

導入までの簡単な流れ

導入までの流れ

柳川工業株式会社

【建設事業本部】
〒359-0001
所沢市下富1108-2
TEL:04-2937-6422
【営業本部】
〒359-0001
埼玉県所沢市下富1108-2
TEL:04-2937-6422
FAX:04-2937-6421